【哺乳瓶不要!】液体ミルクはアタッチメントで時短かつ便利に【レビュー有】

液体ミルクのアタッチメントで哺乳瓶不要

家でのミルク作りは粉ミルクで作っていると思いますが、液体ミルクを使ったことはありますか?

以下のような時に、お湯いらずで常温で飲ませられる液体ミルクが大活躍。時短かつ便利です。

  • 深夜のミルク作りは眠い中の計量・調乳が面倒・シンドイ。
  • 災害時・緊急時など水が手にはいらない。電気が使えない。
  • 外出で遠出する時に持っていくものを減らしたい。準備手間を減らしたい。

この液体ミルクの使い勝手をより一層便利にしてくれるのが、専用アタッチメントです。

なんと、専用アタッチメントを使うことで、哺乳瓶が不要になります。

ポロピー

子供の一緒の外出は準備・持ち物が多くなりがち。哺乳瓶の準備の手間、荷物がかさばることが解消されるのは、とてもありがたいですよね!

今回の記事では、専用アタッチメントとは?、専用アタッチメントのメリット、リッチェルの専用アタッチメントの使用レビュー(すこやか)の順で解説していきます。

そもそも液体ミルクってどうなの?という方はこちらの記事をご参考。

この記事の想定するターゲット

液体ミルクを使っているパパ・ママ

この記事を読んで分かること

専用アタッチメントのメリット

アタッチメント活用方法と使用レビュー

目次

専用アタッチメントとは?

専用アタッチメントとは、液体ミルクに直接乳首を付けることが可能にするものです。

例えば、ほほえみでは公式の専用アタッチメントがあります。ミルク缶とアタッチメントはセットで販売されています。(単体販売なし

milk-attachment
出典:明治ほほえみHP

アイクレオやすこやかは公式のアタッチメントはないですが、他社からアタッチメントが販売されています。

すこやかは細い缶タイプ、ほほえみは太い缶タイプ、アイクレオは紙パックと形態が異なるので、専用アタッチメントもそれぞれ違うものが必要です。

専用アタッチメントのメリット

そもそも液体ミルクを使う一番のメリットは、お湯いらずで、常温で直ぐに飲ませられることです。

例えば、外出時を想定した場合、粉ミルクと液体ミルクの準備を比較するとこんなにも違います。

粉ミルクの準備物

  1. 哺乳瓶+乳首
  2. 計量した粉ミルクをジッパー等に入れる
  3. お湯をタンブラーや水筒に入れる
  4. 湯冷まし用の水

液体ミルクの準備物

  1. ※哺乳瓶+乳首
  2. 液体ミルク

※アタッチメントがあれば哺乳瓶も不要!

専用アタッチメントがあれば哺乳瓶も不要です。外出時は液体ミルク+専用アタッチメントがベスト

リッチェルのアタッチメントの使用レビュー(すこやか用)

購入品

我が家では、すこやかの液体ミルクを使っています。

細い缶タイプなので、リッチェルの缶ミルク用乳首(細い缶用)をネットで購入。

価格は約600〜800円でした。お手頃な値段。

ちなみにほほえみであれば太い缶用、アイクレオであれば紙パック用がリッチェルから販売されています。

アタッチメントと乳首は一体型

アタッチメントと乳首は一体型になっていて分離できませんでした。

我が家で愛用している母乳実感の乳首と交換できたらベストなんですけどね。

ちなみに、ほほえみの公式アタッチメントと乳首が分離できるため、乳首はこのメーカーというこだわりがある方は(例えば、母乳実感でないとダメ)ほほえみがオススメです。

ほほえみ
出典:明治ほほえみHP

消毒はどれでも可能!

赤ちゃんが使うものなので使うごとの消毒は必須です。

リッチェルのアタッチメントは、煮沸・薬液・電子レンジのどの消毒方法でもOKです!

耐熱温度は120℃。食器洗い乾燥機は使えないそうなので、注意が必要です。

ミルクの漏れなし

アタッチメントの装着は簡単。缶に押し込むだけでそんなに力もいらず。

逆さまにしてもミルクは漏れてこないので、缶とアタッチメントの隙間はしっかり密封されています。

授乳は問題なし!ちょっと乳首が折れやすい。

問題なくミルクを飲ませることはできました。使ってみて分かる。哺乳瓶いらずはほんと便利!

改善してほしい点は乳首全体が柔らかめで潰れやすい、乳首先端が折れやすいことです。

母乳実感の乳首と比較するとすぐ分かります。明らかに柔らかい。

赤ちゃんが乳首を吸う時に乳首の全体が潰れてしまって、ミルクを飲ませるのに少し時間がかかりました。

ミルク200mlをいつもの母乳実感の乳首であれば5分のところ、10〜15分。

乳首を潰さず飲ませるコツ

何回かトライしていく中で乳首を潰さずに上手く飲ませるコツを発見!

乳首の先端より下の広がった部分が特に柔らかく、そこを起点に全体が潰れやすくなる傾向がありました。

ポイントは乳首の突起部分だけを赤ちゃんの口に加えさせ、柔らかい箇所まで赤ちゃんの口に押し付けないこと

まとめ

専用アタッチメントを使うことで液体ミルクに直接乳首を付けることができ、哺乳瓶が不要になります!

液体ミルクが販売されているのは、すこやか・ほほえみ・アイクレオの3種。それぞれ適した専用アタッチメントが必要です。

ほほえみはアタッチメントと乳首を分離可能。例えば、乳首は母乳実感がいい!という方はほほえみがオススメ

リッチェルの細い缶用乳首(すこやか)の使用レビューのまとめは以下の通り。

良い点

  • 哺乳瓶なしは最高!!
  • ミルクの漏れなし
  • 装着しやすい

改善してほしい点

  1. 乳首を潰れにくくする or ※付け替え可能に!

※ほほえみの公式アタッチメントなら付け替え可能。

特に不満なところはなく、改善してほしいなぁというレベル。

改善してほしい点も、赤ちゃんの口に乳首の突起部分のみを加えさせることで問題なしです。

約600〜800円のお手頃値段でこれだけ便利になるなら、個人的には買い!だと思います。

ポロピー

この専用アタッチメントは完全に離乳するまで愛用していきます!
液体ミルクと是非セットで!

アイクレオ用(紙パック)

すこやか用(細い缶)

ほほえみ用(アタッチメントを単体で欲しい場合)

それでは、「安心・安全・ラク(時短・便利)」な子育てライフを!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる