【ミルク作り時短】100均スプーンで50ml粉ミルクスプーンの代用は可能【全粉ミルクでOK】

ダイソー計量スプーンでミルクスプーン代用検証

赤ちゃんが成長していくにつれて、ミルクの飲む量は200mlくらいまでどんどん増えていきます。
けど市販の粉ミルク缶に付属するのは20mlのスプーン。

200mlだと20mlスプーンで10回も計量が必要になります。
地味に面倒だし、何回入れたか忘れませんか?
特に夜の授乳とか眠い中、回数忘れてイライラすること何回もありました。。。結構なストレスだったり。

そんな時にオススメなのが50mlの粉ミルクスプーンです。これがあれば200mlもたった4回で計量可能です。

過去の記事で、大容量の50mlミルクスプーンが手に入る方法を紹介しました。

結論は「すこやか」のみ可能。

残念ながら他の粉ミルクでは正規の方法で大容量スプーン入手が困難な状況です。

そこで、100均の計量スプーンで50mlミルクスプーンの代用が可能か検証テストを行いました。

ポロピー

100均の計量スプーンで50ml計量できるならとても便利ですよね?
たった100円でミルク作りを大幅時短できるんです!

この記事の想定するターゲット

粉ミルクを飲む赤ちゃん向け(完ミ、混合の方対象)

特に「ぴゅあ」、「はいはい」、「はぐくみ」、「E赤ちゃん」、「アイクレオ」を使っている方!

この記事を読んで分かること

100均計量スプーンで50mlスプーンの代用が可能か

※2021年6月7日に公開した記事ですが、「バラツキに関する考え方に誤り」があったため、記事を一部修正して2021年7月26日に再度公開しました。

※2021年10月11日に別記事のセリアの計量スプーンの結果もこの記事にまとめ直しました。(わかりやすくなったはず!)

目次

結論:100均計量スプーンですべての粉ミルクで代用は可能!

5種類の100均の計量スプーンで検証し、50mlスプーン代用の可能性をまとめました。

以下のスプーンA〜E(以後すべてA〜Eに略)はすべて15ccのものを使った結果です。

左:スプーンA 右:スプーンB
左:スプーンC 中:スプーンD 右:スプーンE

50m用スプーンとして代用の可能性が高いは以下の表のとおりです。

スクロールできます
粉ミルクABCDE
ぴゅあ
はいはい
すこやか
はぐくみ
E赤ちゃん
アイクレオ
「○」:代用の可能性高い、「△」:代用の可能性あり、「✕」:代用の可能性低い

5種類の中でおすすめしたい計量スプーンは、AとEです。

「ぴゅあ」、「すこやか」の方はAがおすすめです。ダイソーに行きましょう!

「はいはい」、「すこやか」、「はぐくみ」、「E赤ちゃん」、「アイクレコ」の方はEがおすすめです。こちらはセリア。

Eは「ぴゅあ」以外のすべてに代用可能という素晴らしい結果。万能の代用スプーンですね!

ポロピー

A、Eはスプーンの形状的に哺乳瓶へ粉ミルクを入れやすいと思います

注意点

代用の可能性が高いという検証結果となりましたが、各メーカーは専用スプーンの使用を推奨しています。これらのスプーンを代用として使用するかどうかは最終自己判断でお願いします。

検証テスト概要

準備物

検証テストした対象銘柄は「ぴゅあ」、「はいはい」、「すこやか」、「はぐくみ」、「E赤ちゃん」、「アイクレオ」の6つです。

使った100均の計量スプーンはこの5種類。このうち15ccスプーンが対象。

ダイソーで購入(スプーンA、B)
セリアで購入(スプーンC、D、E)

スプーンAとBはダイソー、スプーンC、D、Eはセリアで購入しました。

お値段はどちらも100円(税抜)です。

ポロピー

余談ですが、セリアの商品は計量スプーンでもおしゃれですね。

使った計量器はこちらのデジタルスケール。デジタルスケールの計量精度は±0.02g。今回のテストでは十分な精度。

検証方法

検証方法はざっくり2ステップです。

STEP
計量

粉ミルクを15ccの計量スプーンでスリキリ1さじ、デジタルスケールで計量する。

2回計量した平均値を算出する。

STEP
評価

50mlミルクを作る場合の粉ミルクの重量に対して何gになったかで評価する。

ばらつきを考慮する。

ポイントは「ばらつき」です。

(以下は難解で細かい話なのでスルーしてもOKです)

基本的に、どの銘柄のミルクも専用スプーンでスリキリ1さじで出来上がり量20mlにして、ミルク成分が一定濃度になるようになっています。

ただ、スリキリの際、哺乳瓶の目盛りを見てお湯で調乳する際、計量器で測定でもしない限り、毎回同じになることはなく、結果的に濃度もバラつくはずです。

そこで50mlスプーン(すこやか専用)すりきりでどれくらいばらついているのか調査しました。

試行回数は12回。「最大値 ー 最小値」÷2をバラツキとしました。

結果は最大値:0.69g、最小値:0.616gとなり、バラツキは「±0.37g」でした。

それを踏まえて、50mlにするための粉ミルクの目標重量は以下の通りです。

50mlミルクを作る場合の粉ミルクの目標重量
  • 「ぴゅあ」、「はいはい」、「すこやか」、「はぐくみ」、「E赤ちゃん」:6.50g±0.37g
  • 「アイクレオ」:6.35g±0.37g

※過去の記事では調乳時のバラツキも加味していましたが、今回はスプーン変更のみのため、すりきりのみのバラツキを算出して目標にしています。

検証テスト結果

検証テストの結果を比較表でまとめました。

目標値となったものは代用の可能性が高い、目標値を若干オーバーしているものは代用の可能性あり、目標値を大きくオーバーしているものは代用の可能性低いとし、○、✕、△で判定しています。

目標値となったのは、以下のとおりでした。

スクロールできます
銘柄目標値(g)A判定B判定C判定D判定E判定
ぴゅあ6.50±0.376.426.615.965.845.68
はいはい6.50±0.376.927.186.346.526.21
すこやか6.50±0.376.796.946.036.746.45
はぐくみ6.50±0.377.107.156.606.556.36
E赤ちゃん6.50±0.377.837.947.277.236.85
アイクレオ6.35±0.377.157.126.426.656.23
「○」:代用の可能性高い、「△」:代用の可能性あり、「✕」:代用の可能性低い

目標値となったのは、

Aでは「ぴゅあ」、「すこやか」

Bでは「ぴゅあ」

Cでは「はいはい」、「はぐくみ」、「アイクレオ」

Dでは「はいはい」、「すこやか」、「はぐくみ」、「アイクレオ」

Eでは「はいはい」、「すこやか」、「はぐくみ」、「E赤ちゃん」、「アイクレオ」

でした。

ポロピー

各社の粉ミルクですが、同じスリキリ1さじでも結構重量が異なるのにはびっくりしました。粉の粒径や成分によって密度などが違うからなんでしょう。
各メーカー、専用スプーンを使うことを推奨するのはこういう理由もあるんでしょうね。

まとめ

5種類の100均の軽量スプーンで検証し、50mlスプーン代用の可能性をまとめました。

スプーンA〜E(以後すべてA〜Eに略)はすべて15ccのものを使った結果です。

左:スプーンA 右:スプーンB
左:スプーンC 中:スプーンD 右:スプーンE

50m用スプーンとして代用の可能性が高いは表のとおりです。

スクロールできます
粉ミルクABCDE
ぴゅあ
はいはい
すこやか
はぐくみ
E赤ちゃん
アイクレオ
「○」:代用の可能性高い、「△」:代用の可能性あり、「✕」:代用の可能性低い

5種類の中でおすすめしたい計量スプーンは、AとEです。

「ぴゅあ」、「すこやか」の方はAがおすすめです。

「はいはい」、「すこやか」、「はぐくみ」、「E赤ちゃん」、「アイクレコ」の方はEがおすすめです。

また、AとEは形状的に、哺乳瓶に粉ミルクを入れやすいです。

Aはダイソー、Eはセリアで購入できます!

すこやかは以下の記事通り、正規の大容量50mlの粉ミルクスプーンが手に入りますのでこちらの記事もご参考。

注意点

代用の可能性が高いという検証結果となりましたが、各メーカーは専用スプーンの使用を推奨しています。これらのスプーンを代用として使用するかどうかは最終自己判断でお願いします。

その他のミルク作り時短方法

参考:ミルク作り時短(調乳ポット編)

調乳ポットを使ってもミルク作りの時短が可能です。

調乳ポットを持っていない方はご参考。

オススメはコンビの調乳じょーず か Yurneroの電子ケトルです。詳細は記事を参考ください。

参考:ミルク作り時短(液体ミルク編)

液体ミルクを使ってもミルク作りの時短が可能です。

液体ミルクは割高なので、普段使いは粉ミルク、災害時・外出(遠出)・深夜(シンドイ時)のミルク作りのみ限定的と考えると効果的です。

以下の記事では液体ミルクのメリット・デメリットや各社の特徴比較、上手な活用方法を解説します。

詳細は記事を参考ください。

それでは、「安心・安全・ラク(時短・便利)」な子育てライフを!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる